2005年09月24日

冬瓜と豚肉の味噌炒め煮

【story】
これも昨日の「秋刀魚アジア風煮付け」と一緒に作った料理です。
僕にとって初めてとなる冬瓜調理。冬瓜ってあんなにでかいのに、やたらと安いですよね。昨日はその上半額になっていてお得でした。野菜のくせにやたらトロトロして高級感もあるし。全然高級じゃない食材のくせに、高級中華料理な印象を与えるあたりが、「料理できそう」感upに効果的だと思います。その辺がアボカドと似てる。

【材料】
・冬瓜-多め
・豚こま切れ-適量
・ラー油
・酒
・味噌
・砂糖
・片栗粉

【作り方】
1.冬瓜、豚肉を適当に切る。
2.蓋のできるフライパンor鍋にラー油を熱し、豚肉・冬瓜を投入。豚肉に火が通るまで炒める。
3.大体豚肉に火が通ったら酒を振り、蓋をしてしばらく蒸し煮にする。
 ※冬瓜から大量の水分が出るので、焦げ付く心配はnothing!
4.良い具合になって来たら火を止め、味噌を溶き入れる(お好みの量で)。
5.味を見ながら砂糖を入れてお好みの味に調節。
6.最後に水溶き片栗粉を投入してトロトロ感を出したら完成!!

【雑感】
すごく簡単なのに深い味がする良い料理です。必要な料理スキルとしては、肉野菜炒め+αくらい。参考にしたレシピによると、干ししいたけも投入すると美味しいらしい。僕は出来上がった最後に軽くごま油を回し入れて中華風の香りを出したけど、これもお好みで。
冬瓜に味をしめたので、次は僕にとって未開発な領域「スープ」に挑戦したい。冬瓜と豚バラの「スープ」。前に友達が家で作ってくれたんだけど、簡単そうで美味しかったんだな〜。
posted by まさる at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

秋刀魚とチンゲン菜のナンプラー煮

【story】
気付けば数ヶ月料理レシピをupしてなかった。。
しかし、最近よく料理してます。大阪来てから週末をゆとりを持って過ごせるから、掃除したり、読書したり、料理を作ったり。たまに人とどんちゃん騒ぎしたくなる時もあるけど、こういう日々も一向に退屈する気配がありません。じっくり自分と対話するのも楽しいです。

というわけで、もう秋刀魚真っ盛りの季節ですね。先週に今季初秋刀魚を購入したものの、結局食べる機会を失ったまま腐らせてしまったので本日リベンジです。普通に塩焼きにしようかと思ったのですが、料理欲が強く、また醤油が切れてるけどナンプラーはあったのでアジア風煮付けを作ってみたという訳です。

【材料】
・秋刀魚-1尾
・チンゲン菜-1束
A
・紹興酒-50ml位?
・水-100ml位?
・ナンプラー-適量
・豆板醤-少々
・砂糖-適量

【作り方】
1.秋刀魚は頭を除き、ハラワタを水で洗い、ぶつ切り。チンゲン菜は下茹でしてザルに上げておく。
2.Aを鍋に入れ、沸騰させる。ここで味を見る。辛すぎたら水を足したり、砂糖を足したり。煮汁なのでやや濃い目の方が秋刀魚に味が染みて美味しくなる。
3.引き続き強火で沸騰。秋刀魚を投入。蓋をせずグツグツ。
4.秋刀魚をひっくり返したり、煮汁をかけてあげたりしてグツグツ。
5.煮汁が少なくなって来たらチンゲン菜を投入して蓋をして弱火。蒸す。
6.完成!!

【雑感】
僕は最初煮汁が辛くなりすぎて(豆板醤とナンプラーの入れすぎ)、水や砂糖を必死に追加して味を調整しました。「それでも濃すぎるかな〜」と思いながら完成したのですが、出来上がってみたら白飯に丁度良い味付けになってました。美味い!!でもアジア風な味は少ししかしません。
しかし美味しかったのだけど秋刀魚は骨が多い。ゆっくり食べられるのは良いんだけど。。骨まで食べられるように調理できるという圧力鍋の必要性を再確認する今日の料理であった・・・!!
posted by まさる at 20:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。